ALTERA DE0ボードを買った。

digi-keyのページから注文した。

http://www.digikey.jp/product-detail/ja/P0037/P0037-ND/2138840

UPSで先週金曜に頼んで、今日届いたので大体、中2日。税関でもっと時間かかるかと思っていたのに、すぐに来た。

 

付属のCD-ROMかALTERAのサイトにある開発ツールのページからQuartusIIのWeb版をダウンロードしてインストールする。2.5GBくらいあるのでダウンロードする場合は、ダウンロードツールを使ったほうがいいかも。

 

PC-6001は、すぐに動いた→えすびさんのP6つくろうブログ

リリースっていうカテゴリで調べると、pof/sofのファイルが入ったzipへのURLが載ってます。それを書き込めば、あとはPC-6001のROMファイルさえあれば、問題なく動作します。

この場合問題になるのは、本体がない人がROMをどうするかくらいか。まあ、Yahooオークションなどで実機を手に入れるのが一番いいかもしれません。(実機持ってるなら、エミュレータとかで動かす必要ないっていうのはあるけど)

 

で、次は、MSX2を動かしてみることにしたんだけど、これがまた。

まずは、OneChipMSX on Altera DE0からソースをダウンロードしてくる。

1chipMSXのコンパイル手順を見ながら、コンパイルしてpofファイルを作成。

これをQuartusII付属のProgrammerを使ってファイルを書き込む。

 

1chipMSXの話は、以下のようなサイトがあるので、情報を探すのはあまり苦労せずに済むかも知れません。

1chipMSX Wiki

MSX BANZAI!

 

MZ-80Kが動くとかそんな話もあるみたいなので、その辺を動かしてみたいところ。

BIGLOBE WiMAX – 2

今日本体が届いたので充電した後、外出ついでに持って行きました。SC-04Dをオトモにしています。

WM3600は限定色のライムにしてみたり。駅について電源入れてみるとアンテナ2本。

IMG_20120223_140410Screenshot_2012-02-23-23-35-12

その後、何カ所かでスピードテストをやってみましたが、下りは割と満足行く速度が出てたかな、と。

 

あと、Android用アプリでリモート操作できるアプリがあります。こんなかんじ。

Screenshot_2012-02-23-23-46-24Screenshot_2012-02-23-23-46-20

うちは、家の中だとWiMAXの電波があんまりつかめないらしいので、赤になってますが気にしない。

左下は情報更新、右下のメンテナンスっていうボタンを押すとメンテナンス画面になって、休止状態にするとWM3600が止まります。電源切れちゃう。再起動はまだ押したことないですが、きっと再起動でしょう。

 

で、休止状態にして何かで復帰するのかと思ったけど、なにやっても次のような画面でつながる気配はありません。

Screenshot_2012-02-23-23-42-38

マニュアル読めば出てるのかも知れないので、もうちょい調べてみますけど。

いちいち本体の電源ボタン押すのはめんどくさいなー。

BIGLOBE WiMAX

UQ WiMAXのブロガーミーティングにいったのはいつだろうか…。

と、そんなイベントに参加したことを書いておきながら、WiMAXを契約したりしてなかったわけですが、ここにきていよいよ契約してみようかと思いまして、BIGLOBE WiMAXを契約してみました。

 

なんで、BIGLOBE WiMAXかといえば普段使っているプロバイダがBIGLOBEであり、フレッツ光の料金もまとめてBIGLOBEで払っているから、WiMAXの料金もBIGLOBEの支払いにまとめてしまえという理由です。

だって、何カ所もあるとあとで見直したとき困る…。

2/22にEMOBILE LTEも発表されたしdocomoのLTEもあるのになんでWiMAX?と聞かれたら、うちのほうはまだLTEのサービス範囲に入ってないから。都内に行くことも確かに多いけど、家の近所で入らないとかだとちょっと…。

 

とりあえず、端末が到着するのが明日以降なので、到着次第使った感想などをまとめていこうと思います。

———————————————————————-
1. データ端末発送のお知らせ
———————————————————————-
購入端末名  : WM3600S(AT)L

これが今回手に入れることになった無線ルーターですが、手元にないので到着したら写真でも載せようか。

 

問題は、WiFi接続してるAndroid端末はスリープ状態に入るとWiFiの接続が切れるところか。

端末操作しているとき以外もWiFiつなぎっぱなしにならないかな。電池もたなそうだけども。

横浜支部定例会 2012.2.18

2/18(土)に日本Androidの会横浜支部の定例会が行われました。

支部長交代のお話やよくわかるAndroidアプリ開発の教科書執筆陣(高見さん、松田さん、私)のそれぞれのプレゼンとサイン会、GDD2011に参加した、杉浦さん(http://goo.gl/VCpuK )/さかいさん(http://goo.gl/QsByG )、原田さんはMakeの話をしてくれました。

今回のスライドやスライド作る時間を削って作ったアプリなどは https://github.com/sato-c/sensorcheck にすべて入っていますので、興味のある方はそちらを見てください。

 

次の定例会は4/21の予定だそうです。

GoogleDeveloperDay2011

11/1、待ちに待った(?)GoogleDeveloperDay2011がありました。

パシフィコ横浜だし、ドコモが例の端末を発表したし、2年前のアレがあるか!?なーんて甘い期待は

当然のごとく裏切られましたが、例年通り刺激的なイベントでした。

 

今年は、講演よりも展示物を見て回る方に時間を割きました。いろんな人たちがいろんなものを

作って展示しているのを見ると、なんだかんだ言ってもAndroidは自分たちで何かを作りたい人には

本当にいい環境なのだなあと思います。

ケータイ用OSとしての認知度が上がっていて、それにしか使えないと思っている人もいるかも

しれませんが、ケータイの枠にとらわれない発想のものもたくさんありました。

 

鏡とディスプレイを一体化して、スケジュールや天気などの情報を載せて朝の忙しい時間にも

確認しながら行動できる(?)ものやARを使って、山を見ると山の名前が画面内に表示されるような

アプリなど、「へー、そらたしかにおもしろいなー」なんてものが特に興味を引きました。

 

一通り展示物を見たあとは、ADKを使った展示物の部屋(OpenCall)にずっといたのですが、ここでは、

Android端末にちょっとしたハードウェアをからめた展示が行われていました。

 

これが本当にいろんなものがあっておもしろかったです。

ADKおもしろそうだけど、やるネタが思いつかないので見てるだけでもいいかなw

 

今年で5回目(しかも、日本は5年連続開催されてるそうな)ということですが、来年も行けるといいなー。

 

それとSサイズのTシャツとZeemote JS1 Hってやつをもらったので、ゲーム試してみたら意外と使えそう

だなーと思って開発者向けページから登録してSDKなんぞ手に入れてみました。

(ここの無料SDKいますぐダウンロード)

会員登録は必要ですが、名前とメールアドレスと居住国だけ登録すればいいので、興味がある方は

どうぞ。

よくわかるAndroidアプリ開発の教科書

無事、10/29に発売されました→Amazonのページ

詳細ページ / サポートページが公開されています。

フルカラー!

 

このブログの検索ワードにもたくさんあるセンサーの話をライブ壁紙にからめたサンプルなどもありますので、ぜひ読んでみてください。

 

関係ないですが、明日はGDD2011なので、基調講演を楽しみにしているところです。

050plusを試してみた

NTT.comの050plusのAndroid版がリリースされたということで、早速ダウンロードしてインストールしてみました。

起動すると紹介画面のような起動画面が出ます。

device-2011-10-02-120006

ここで、「お申し込みはこちら」を押すとGalaxyTabではこんな画面なのであきらめてました。

device-2011-10-02-120053

番号自体は、iPhone版をiPodTouchに入れて動かしてみたら問題なくうごきましたので取得できていたので、これで使えばいいかと思っていました。

その後、google+で「PCで設定して番号入れればいいのでは?」というアドバイスをいただいて、再度Androidアプリ側の紹介画面で戻るボタンを押してみたら、こんな画面が。

device-2011-10-02-120021

ダイアルパッド!

ここで、メニューボタンを押してみると設定という項目も出てきました。

設定項目を選ぶと…。

device-2011-10-02-120036

でました、メニュー。050 plusの初期設定を選んで番号とパスワードを設定したら、通知バーのアイコンが緑色になって無事使えるようになりました。

対応機種ではない場合、次のように何度か「対応してないけどいいんですか?」的なことは聞かれます。

自己責任で設定してください、ということでいいと思えば「同意する」にチェックをいれて続けるボタンを押しましょう。

device-2011-10-02-121012device-2011-10-02-121024device-2011-10-02-121037device-2011-10-02-121048

そんなわけで、050 plusが使えるようになりました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。