アーカイブ | Android RSS for this section

Android Studio

Google I/OでAndroid用統合環境が発表されました。

Early Access Preview版ということで、まだ正規版じゃありませんけど、流れに乗ってインストールしてみました。

downloadはこちら→Getting Started with Android Studio – Android Developers

 

いままでのEclipseベースではなく、IntelliJ IDEAベースでだいぶ見た目も変わってます。SDKも含めて、なんもかんもいっぺんに入っちゃう印象なので、今までのようにSDKいれてからプラグイン入れて…みたいな手順がなくなって便利。

環境によって、説明が変わってくるのとか、本当に面倒なのでこういう統一された環境があるのはありがたいことで。導入のハードルも下がって、いままで悩んでた人もAndroidStudioが出たらやってみてもいいんじゃないでしょうか。

android_studio_design

UIデザインの画面ですが、最近のADTプラグインでも充実してきてるものになってきてますが、それと同じような感じかそれ以上にわかりやすいものになってるみたいです。というくらい、まだ、ちょっとしか触ってないんですけど。

既存のEclipseのプロジェクトを取り込むのは、なんか方法があるんでしょうけど、ソースとlayoutのxmlをエディタ上でコピーしちゃえばいいかとか思ってるところです。その辺りは、また手を付けたらまとめよう。

 

外部ライブラリなんかは、プロジェクトツリーから追加じゃないので、いろいろ調べちゃいましたが

android – How to add external library in IntelliJ- – Stack Overflow

に載ってた手順が参考になりました。

  • Project Settingを開く(CTRL+ALT+SHIFT+S)
  • Project Settingの下にあるLibrariesを選択
  • 右のリスト(ウィンドウが3つに分かれてるので、その真ん中)の+からJavaを選ぶ
  • jarファイルをいれたフォルダ(/libsとか)を選んで追加
  • どのモジュールに追加するか選択

でいいみたい。コピーしなくてもフォルダやファイルを選択して取り込めるので、その辺りは従来通りかと。

 

インストールの手間が本当になくなったなーっていう印象ですね。

ListView.setFastScrollEnabled(true);の見た目違い

ListViewのスクロールは、たくさんあると結構な労力になります。で、それを補助するためににょきっと出てくるスライダーがあるんですが、2.3(GB)と4.0(ICS)では、出てくる物が違ったので、メモ。

device-2012-05-08-224633device-2012-05-08-224513

左は、xperia neo(2.3.4)で、右はGalaxyNexus(4.0.3)です。

2.3.4ではにょきっとでるおなじみのアレですが、4.0.3では縦線+ちょい太めのスライダー。

なんか寂しい気がしますね。

 

ListViewに表示されてるのは、MH3Gのクエスト一覧です。

らんくえのMH3G版を作ろうとしてて、前回めんどくさくてやってなかったContentProvider使ったクエストリスト、今回はデータ作って実装しました。ContentProviderの動作とデータのチェックでListViewに一覧表示してます。

もう、3DSのモンハンも一段落しちゃってる人ばかりだったり、同じようなアプリが出てきてるのでリリースするかわかりませんが、DBの初期化とかアップデートの方法とか研究しながらなので一通り完成させてから考えますかね。

レイアウトもICSっぽく(?)-passgenを最新SDKに対応させる3

書籍収録分のPassGenは1.6を想定した作りになっているので、ボタンその他をすべてレイアウトから書き換えて見た目の変更なんかをやってました。

9patch画像を使いつつ、ボタンのデザインを変えてみたりといろいろ実験していたわけですが、今回は色合いなどはなるべくICSの基本構造に合わせて、UIパーツも差し替えていく感じでレイアウトを書き換えていきました。

device-2012-04-29-122120

 

使う文字種については、ON/OFFできるswitchと置き換えています。基本的な動きは以前使っていたCheckTextBox(ToggleButtonを継承した自前クラス)と変わらないので、プログラム的な書き換えはほとんど必要なかったです。

文字数の指定は、左右に配置したボタンをやめてSeekBarを使うことにしました。onProgressChangedイベントを使って、文字数表示を制御しています。

 

これ以外では、文字色を緑から蒼系統に書き換えたり、ActionBarを使ってメニュー項目を減らすなどの対応を行いました。ActivityからFragmentに書き換える部分などは、前回前々回の記事でまとめた作業をそのまま使ってます。

 

そんなわけで、見た目など含めて最新OSに対応したものになりました。2.3端末へのActionBar対応だとか、4.0の端末がそれほど存在しないとかいろいろとあるので、公開するかどうかは微妙ですけども。

startManagingCursorはdeprecated–passgenを最新SDKに対応させる2

昨日は「ActionBarにアイコンを追加してみた」という記事で最新UIに対応する見た目にする努力をしてみました。

そのときにソースを見ているとAdd @SuppressWarnings ‘deprecation’ to ‘setListViewAdapter()’なんていうのがちょこちょこと出てまして、なんでだろとリファレンスを見てみると次のようなことがわかってきました。

  • startManagingCursorは、Fragmentとの兼ね合いもあってCursorLoader経由でUIスレッドではなくバックグラウンドで実行されるようになった
  • SimpleCursorAdapterのコンストラクタには、フラグを追加する必要がある
  • クリップボードにコピーするときにコピーした内容を識別するための名前とMIMEタイプを指定するようになった

そんなわけで、今日も対応した内容に書き換えていくことにします。

続きを読む…

ActionBarにアイコンを追加してみた

ちょっとプログラムをする時間などもできてきたので、本が出てからかなり時間は経ってますが、怪しいAndroidアプリ開発術に掲載しているPassGenの画面構成を変えて、HoneyComb以上のライブラリで使われているActionBarにアイコンを表示するようにしてみました。

こんな感じ

device-2012-04-24-102006

保存と閉じるのボタンを画面上のバーに表示させています。なんとなく最新版のOSに対応したって気になる。

ドキュメントとしては、

Android Developers:ActionBar

ソフトウェア技術ドキュメント:6.3アクションバー

辺りを見てもらえばいいかと思いますが、それだけじゃなんなので、対応方法など。

続きを読む…

横浜支部定例会 2012.2.18

2/18(土)に日本Androidの会横浜支部の定例会が行われました。

支部長交代のお話やよくわかるAndroidアプリ開発の教科書執筆陣(高見さん、松田さん、私)のそれぞれのプレゼンとサイン会、GDD2011に参加した、杉浦さん(http://goo.gl/VCpuK )/さかいさん(http://goo.gl/QsByG )、原田さんはMakeの話をしてくれました。

今回のスライドやスライド作る時間を削って作ったアプリなどは https://github.com/sato-c/sensorcheck にすべて入っていますので、興味のある方はそちらを見てください。

 

次の定例会は4/21の予定だそうです。

方位センサー

以前、センサーを使ってどうこうという話を書きました。

SensorとMatrixの話

このときは1.6前提での話だったのでTYPE_ORIENTATIONを利用するという話を書いていたのですが、その後この定数はdeprecatedということで廃止予定だから、なるべく使わないでくださいねってことになっていました。

そこで代返の機能を調べてみることにしました。

 

それから、2012/2のAndroidの会横浜支部定例会で方位センサーに関する話をしまして、そこで発表した内容などをgithubに載せています。

https://github.com/sato-c/sensorcheck

「よくわかるAndroidアプリ開発の教科書」のライブ壁紙で使っている方位磁針が元ネタですが、それを1つのViewにまとめて表示していますので、見てみてください。解像度違っていても同じ比率で表示するようにもしてあります。

続きを読む…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。