wavesプラグインをFLStudio9で使う方法

Using Waves plugins in FL Studio
The normal procedure to use Waves plugins in FL is this:
1. install Waves plugins normally
2. in FL, open the plugin selector from the mixer (see image 1 below)
3. in the plugin selector, choose one of the "waveshell-…" plugins (see image 2)
4. the wrapper plugin will open showing a selector control, containing all the plugins that are available for that specific "waveshell-…" plugin (see image 3)
5. select the plugin you want to load from the selector and it will open (see image 4)

Note that this procedure only works in FL 9.0 or newer.

 

FLStudioでWavesプラグインを使うには

WavesプラグインをFLで使う通常の手順:

1.Waves プラグインをふつーにインストールする

2.FLにて、プラグインセレクターをミキサーから開く

3.プラグインセレクタで、”waveshell-…”で始まるプラグインを1つ選択する

4.ラッパープラグインがセレクタコントロールから”waveshell-…”プラグインを必要とするプラグインがすべて含まれた状態になり、確認できるようになる

5.セレクターからロードしたいプラグインを選べば、プラグインが使えるようになる。

この手順は、FL9.0以上でしか使えない。

 

まあもっとうまく訳せるといいんですが、意味はわかると思うので、これを参考にしてください。


Windows7の場合は↓のような方法もあるよということでまとめてあります。

Windows7 (64bit)環境で動かしているFLStudio9でNativePowerPackを動かそう、というわけでいろいろやってみたのですが、どうしようもないので調べてました。

http://support.image-line.com/knowledgebase/base.php?id=54&ans=179
に答えが載っていたので、早速試してみることに。

1.このページからshell2vstをダウンロード

2.必要なプラグインをwavesのプラグインフォルダからVstPluginへコピー

3.管理者モードで起動したコマンドプロンプトで、VstPluginフォルダへ移動

4.コマンドプロンプトから

shell2vst "waveshell-vst 7.1.dll"

と入力する。

この手順で、読み込めるようになりました。

↓こんな感じ。

C:\Program Files (x86)\VstPlugins>shell2vst

HOW TO USE:

shell2vst ""

Example:

shell2vst "c:\program files\my vsts\waveshell.dll"

On success this program will create for each shell plugin a small vst in
c:\program files\my vsts\%vendor%\.

The created vsts can be used in hosts which do not support shell vsts
properly.

Note:

You can also drag the shell.dll onto the shell2vst.exe to create the vsts!

一通り説明を読んだら、waveshell.dllの類を読み込ませればいいことがわかったので、早速実行。

↓こんな感じ。
C:\Program Files (x86)\VstPlugins>shell2vst "waveshell-vst 7.1.dll"

Loading vst, please wait…

C1 comp Stereo.dll created…
C1 comp Mono.dll created…
C1 comp-gate Stereo.dll created…
C1 comp-gate Mono.dll created…
C1 comp-sc Stereo.dll created…
C1 comp-sc Mono.dll created…
C1 gate Mono.dll created…
C1 gate Stereo.dll created…
DeEsser Stereo.dll created…
DeEsser Mono.dll created…
Doubler2 Mono.dll created…
Doubler2 Stereo.dll created…
Doubler2 Mono Stereo.dll created…
Doubler4 Mono.dll created…
Doubler4 Stereo.dll created…
Doubler4 Mono Stereo.dll created…
GTR Amp Stereo.dll created…
GTR Amp Mono Stereo.dll created…
GTR Amp Mono.dll created…
GTR Amp 2Cab Mono.dll created…
GTR Stomp 2 Stereo.dll created…
GTR Stomp 2 Mono.dll created…
GTR Stomp 2 Mono Stereo.dll created…
GTR Stomp 4 Stereo.dll created…
GTR Stomp 4 Mono.dll created…
GTR Stomp 4 Mono Stereo.dll created…
GTR Stomp 6 Stereo.dll created…
GTR Stomp 6 Mono.dll created…
GTR Stomp 6 Mono Stereo.dll created…
GTR Tool Rack Stereo.dll created…
GTR Tool Rack Mono Stereo.dll created…
GTR Tuner Mono.dll created…
IDR Stereo.dll created…
IDR Mono.dll created…
IR-L Mono.dll created…
IR-L Mono Stereo.dll created…
IR-L efficient Stereo.dll created…
IR-L full Stereo.dll created…
L1 limiter Stereo.dll created…
L1 limiter Mono.dll created…
L1+ Ultramaximizer Stereo.dll created…
Q1 Stereo.dll created…
Q1 Mono.dll created…
Q10 Stereo.dll created…
Q10 Mono.dll created…
Q2 Stereo.dll created…
Q2 Mono.dll created…
Q3 Stereo.dll created…
Q3 Mono.dll created…
Q4 Stereo.dll created…
Q4 Mono.dll created…
Q6 Stereo.dll created…
Q6 Mono.dll created…
Q8 Stereo.dll created…
Q8 Mono.dll created…
Renaissance Axx Stereo.dll created…
Renaissance Axx Mono.dll created…
S1 Imager Stereo.dll created…
S1 MS Matrix Stereo.dll created…
S1 Shuffler Stereo.dll created…
SuperTap 2-Taps Stereo.dll created…
SuperTap 2-Taps Mono Stereo.dll created…
SuperTap 2-Taps Mono.dll created…
SuperTap 6-Taps Stereo.dll created…
SuperTap 6-Taps Mono Stereo.dll created…
SuperTap 6-Taps Mono.dll created…
TrueVerb Stereo.dll created…
TrueVerb Mono Stereo.dll created…
TrueVerb Mono.dll created…

69 vsts created…

C:\Program Files (x86)\VstPlugins>
↑ここまで。

 

これで、FLStudio9のプラグイン画面には、こんな感じで展開されたものが表示されました。Refreshで見つかったプラグインなので、赤文字で表示されています。

snap080

このあとミキサーのInsertFxで使ってみましたが、問題なく動きました。

ただ、実を言えば同じような機能のpluginは、FLStudio9のsignature bundleに付属のpluginにある解かないとか、そんな話があるのは、また別の話。

 

2015/2/15追記

Windowsのコマンドプロンプトの起動方法を解説して欲しいというコメントをいただいたので、Googleで検索した中からいくつかピックアップして参考のために掲載しておきます。

Windows 7 __管理者権限でcmd.exeを実行したい、素早く!____

Tech TIPS:これだけは覚えておきたいWindowsのコマンドプロンプトの使い方 – @IT

コマンド プロンプト: よく寄せられる質問 Windows8/8.1 Windows7

広告

About sato_c

小学生の頃にインベーダーゲームやPC-8001やApple][といったものを知ってしまい、それ以降ずーっとゲーム好き。でも、あんまりうまくはありません。 仕事は当初はゲーム関係のプログラムやサウンドをやっていましたが、WEB関係を通ったあと、遊技機関係のプログラムやサウンドをやっています。あまり節操がないのか。 現在はJavaですてきなコードを書けるように勉強中。

2 responses to “wavesプラグインをFLStudio9で使う方法”

  1. いーしゃ says :

    過去記事ですが、同じくwavesを読み込むことができないので、質問させていただきます。
    コマンドプロンプトの具体的な使用法を書いていただいておりますが、
    如何せんそれでもやり方がわかりません。

    よろしければコマンドプロンプトの初歩的な使用法もむくめて教えていただきたいです。

  2. sato_c says :

    コマンドプロンプトの使い方について、Googleで検索した結果を載せましたので、参考にしてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。