N08Bが届いたので使ってみた – 3

Luiのインストールと利用をしてみましたよ。Luiサーバーをダウンロードします。ただし、サーバーをインストール/起動できるのは、現状でWindows7各バージョンだけです。

NECが売ってるPCは、大体Windows7に移行してしまったからってことじゃないかなー。

 

うちのは7professional 64bitという、ちょっと主流ではない(だろう)OSなので、不安を覚えていたわけですが、ちゃんとダウンロードページにも32bit/64bitの記載があったので、ひとまず安心。

 

ダウンロードしたら、管理者権限で起動します。(画面が暗くなって「管理者権限がいるけど起動しますか?」的なことを聞かれる画面になるあれ)

 

snap037次へを押すと利用規約です。同意しないと次へ進めません。デフォルトが「同意します」なので注意。

snap038 インストール先は、OSによって変わります。64bit版で32bit版のプログラムをインストールするときは Program files (x86)

snap039

あとはインストールってのを押せばごちゃごちゃソフトがインストールされたり画面が動きます。気にせずほったらかし。snap040

セットアップが終わったので、デスクトップになんかショートカット作るっていわれたけど気にせず完了。

snap041

そしたら、この完了ダイアログの次は強制で再起動だそうです。いまここで記事まとめてるので、再起動したら続きを。

snap042 

初期設定

再起動から戻ってきたら、こんな感じで設定プログラムが登録されてるのでこれを起動します。(デスクトップにもショートカットがありましたけど)

snap044

起動すると…

snap045 黒地に緑とかは洋ゲーを思い浮かべる俺ですが、なんとなくカコイイと思ってしまう。こんなステップですよ!っていう説明です。このとき、どうやらN-08Bでは、MENU→便利ツール→Lui機能→Lui設定→サーバー接続設定にしておく必要があるらしいので、忘れないでください。(はい。忘れました)

また、設定にはWiFiが必須でWindows7のPCがあるネットワークと同じネットワークにN08Bを存在させる必要があります。(おおざっぱに言うと同じルーター内に有線と無線で接続しているとか、無線上にお互いが存在してる必要があります)

snap046 ログオンするユーザーを選べ!というミッションが発動しまして、ここでまず最初にはまりました。というのは、「どうせ俺しか使わないからなー」ってことで「パスワードを設定していなかった。」パスワード設定してないPCは外部から接続できません。なので、パスワード設定しましょう。(コントロールパネル→ユーザーアカウント)

snap047 設定したパスワードを入力して無事OKになりました。よかったよかった。

snap048

どうやって使うかを選んで設定します。 今回は実験なんで、一番下を選びました。 snap051

snap052

実にあっさりした説明画面のあとは、接続用パスワードを入力します。説明を飛ばしたわけじゃなくて、説明することがなかったんです。これで、しばらくN-08B側で設定が続きます。画面写真撮ってないので飛ばします。

N-08B側から接続して先ほどの接続用パスワードを入力してやるとPC側にでかいダイアログが出現します。

lui_waiting どどーんと出るので、一瞬なに?って思ったのと、キャプチャしなくちゃってちょっと焦ったので残り4秒になっちゃってますが、10秒くらい余裕がありました。

 

2画面のPCでは、1画面に凝縮されて(=メイン画面のみ)表示されます。マウスの代わりにN-08B側のポインタで操作しましょう。カーソルがでかいのがちょっと気になりますが、細かいことは気にしない。

同じ画面がPCとN-08Bに表示されてるのはいろいろおもしろいですね。

dynDNSとメールのほうは、もうちょいマニュアル見てから試します。単にメールの設定がうまくいかなかったから、ローカルで接続したもんで。

 

フルブラウザでWiFi経由ならば、LogMeInいけるのではないかなあ。そのへんは、そのうち試してみようと思います。

 

メールを使ったアクセス

メールサーバーの設定がとか書いてたんですが、もう一度設定したらふつーに使えました。

メールアドレスやSMTP/POPサーバー、SMTP認証の設定をしてメール送受信のテストを選んで次へを押すとこんな感じでメールについてのテストが始まります。

snap057  ちょっと時間はかかるのですがその辺はじっと我慢しつつ、待つとテストが終わります。それが終わると保存してN08Bに設定を転送したら終了です。

試しに3G回線で接続してみましたが、ブラウザの操作とかでは遅延などは気になりませんでした。ちょっと家にファイル忘れたから、それを見るっていう用途には充分だと思います。

 

DDNSを使ったアクセス

DDNSサービスはいくつかありますので、色々探してもらうのがいいと思います。今回はorz.hmで取っているアドレスを使っています。

snap060 入力するデータは、アドレスのみ。これで終わりです。

今回は、自分の使っているルーターに向かってくる都合上、ドメイン名チェックには失敗してもおかしくない状況なのでチェックは行わず、そのままN08Bで接続。メールのとき同様、3G回線で順調に接続状況が表示され無事接続されました。

 

そんなわけで

それほど問題なくLuiでの接続も完了しました。手のひらからはみ出る程度の端末でPCをリモート操作できるなんて!

一通り起動して使ってみてますが、それほど苦労することなく接続できた割には快適なので感動してます。

 

FFXIVベンチもN08Bで見られた。

 

そんな実験でした。

広告

About sato_c

小学生の頃にインベーダーゲームやPC-8001やApple][といったものを知ってしまい、それ以降ずーっとゲーム好き。でも、あんまりうまくはありません。 仕事は当初はゲーム関係のプログラムやサウンドをやっていましたが、WEB関係を通ったあと、遊技機関係のプログラムやサウンドをやっています。あまり節操がないのか。 現在はJavaですてきなコードを書けるように勉強中。

Trackbacks / Pingbacks

  1. 無線LAN | docomo PRO series N-08B まとめwiki - 2010/08/10

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。