usbメモリの論理サイズを修正して再フォーマット

https://launchpad.net/win32-image-writer/+download
こういうツールでUSBメモリにboot imgを書き込んだ後は、そのUSBメモリの利用できるサイズが大抵そのイメージ分にされてしまいます。
そのままでフォーマットしようとしてもWindowsでは元のサイズでフォーマットできません。
ものは試しとpanasonicのSDフォーマッタ(こちら)でオプション設定→論理サイズ調整してフォーマットしてみたら、ちゃんと元のサイズで認識してくれるようになりました。


Windowsでフォーマットしようとするとこうなっちゃうのですが。


論理サイズの調整にチェックを入れてフォーマットします。


ちゃんとした容量(1GB)でフォーマット完了。よかった。

本来の使い方ではないので、保証などの心配はあるかもしれませんが、imgを書き込むツールを使う方はそんなこと気にしてないと思いますので、こういう解決策もありますよということで。

広告

About sato_c

小学生の頃にインベーダーゲームやPC-8001やApple][といったものを知ってしまい、それ以降ずーっとゲーム好き。でも、あんまりうまくはありません。 仕事は当初はゲーム関係のプログラムやサウンドをやっていましたが、WEB関係を通ったあと、遊技機関係のプログラムやサウンドをやっています。あまり節操がないのか。 現在はJavaですてきなコードを書けるように勉強中。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。