Archive | 11月 2009

XPモードを試さざるを得なくなった…orz

長年使っていたPCに別れを告げ、新しいPCを導入することができました。

…が、Windows7Pro 64ビットという環境にしてしまったため、肝心の開発用ソフトが動きません。

というわけで、ここで仮想化技術に頼ってみようと思い、XPモードを導入することにしました。

うまいこと動いたら御の字。動かなくてもそれはそれでしょうがないかという頭でがんばります。

だめなら、元々使ってたPCでyごかせばいいやくらいののりでw

  • 準備
    • BIOSの仮想化に関する項目(仮想マシンからハードウェアにアクセスできるようにするなど)の設定が必要です。
    • DP55WBというマザーボードでは、「IntelVT/IntenVT for Directed I/O」という2つの項目をEnableにしました。
  • ダウンロード
  • STEP1:本当にWindowsXPモードは必要か
    • アプリケーションの互換リストを見て、Windows7上でXPのソフトが動かないか試してみてねってことでした。
    • 今回のソフトは動きそうにないので、次へ。
  • STEP2:実行することはできますか
    • テストツールがあるようですが、今回はきっと大丈夫だろうと使いませんでした。
    • 使う人はちゃんとチェックした方がいいと思います。
  • STEP3:Windows7のエディションと言語の選択
    • Windows7 Professional以上でないと動きませんので、StarterやHome Premiumははじかれるでしょう。
    • 日本語のファイルはありましたので、今回はこれを選択。ただし、Japaneseと書いてあります。
  • STEP4:ダウンロードしてインストール
    • WindowsXP Modeというボタンを押して、仮想マシンファイルをダウンロードしてインストール。
    • その後、VirtualPCをダウンロードして、同じくインストール。
    • 再起動したりして、しばらく時間がかかりますが、インストールが終わったらスタートメニューにWindows VirtualPCという項目の中にXP Modeができているので、これをクリックして起動すればOK

最初のBIOS設定をしていないと、「BIOSの仮想化技術の設定をしてください」的なダイアログが出てきて起動できません。

なので、できれば、先にBIOS設定しましょう。

それから、Cドライブ(というか、OS起動ドライブかな)にインストールするとホストPC側のHDDを共有設定してくれます。

今回はソースをメインPC側に置いておきたかったし、DropBoxのフォルダを共有して使うことができてこれはこれでありがたい状況でした。

ただ、マイドキュメントのように他人から見えないところにDropBoxのフォルダを作ってしまうと仮想マシン側からは見えないので利用することができません。DropBoxアプリケーションの設定からフォルダの移動を使って、1つ上(ユーザーフォルダなど)においてやったら、共有できました。

とりあえず、面倒な設定がなくXPが動いたんで、これはこれでいいかなと思いますが、せっかくのスピードの恩恵にあずかれないのが寂しいところです。

でも、設定してる時間が惜しいので今回はこれでやっていこうと思います。さびしいなー。

広告

神田古本まつり

今年は10/31と11/1ということで、去年は残念ながら行けなかった神田の古本まつりへと行ってきました。

大体デッドストックの本なんでしょうけど、普段だと手が出ないような本もすごい安く手に入ったりするので見て回るのが楽しいです。

今年は、ピーターパンとかのペーパーバックを3冊で1000円ってので買ったくらいですが…w

天気も良くて気温も高め、寝てないテンションも手伝って、いろいろと楽しかったです。

091031

  • OSCTokyo2009/Fall
    • WordPressとktaistyleを使ってblogを書く話
      • WordPressのpluginを作ってる方の話で、WordPressを携帯と組み合わせて使うかがわかってなかなかおもしろかったです。
      • WordPressMUの話ももうちょい聞けたらよかった。あと、MUのほうにもインストールできるのか聞くの忘れた。
    • PHPmotion
      • 動画サイト製作用というか…Youtubeみたいなの作ろうぜシステムのPHPmotionの話でした。
      • OpenPNEの小窓用の投稿スクリプトの話とかはしてたけど、具体的な導入例の話なんかはそれほどなかったなあ。
      • twitterと連動して、動画のタイムカウントをつぶやいたりできるものをデモってましたが、あれは公開されないもんでしょうか
    • CodeIgniterを使って作っているMyNETS2の話
      • phpのフレームワークはたくさんあるんですが、その中の1つであるCodeIgniterを使って作っているMyNETS2の話
      • MyNETS2というOpenPNE派生のSNSを作っている過程でできてきた、ユーザー管理などのライブラリなどの話など。
      • 通常のフレームワークには必要だろうけど含まれていないライブラリをまとめて公開するので使ってねと言ってたのでありがたく使わせてもらいたいと思います。
  • AVTokyo2009
    • システムレジスタの不足と2つのアンチフォレンジック攻撃/セキュアVMの構築
      • 64bitsのCPUには、領域切り替え用のレジスタがあるそうで、その辺使えば、32bitsのX86CPUをそのまま作ることができるという仕組みが作れるって言うのが昨今のVM使ったシステムの話なわけですけど、こういうのを使ってアンチデバッギングとかも通り抜けるようなものが作れないかなあって実験してますって内容だったような…。
      • VMの中身を全部監視/ログ取りできるとすべてのスレッドのPC(プログラムカウンタ)の内容、レジスタの内容を記録していってその内容を読み返せば、何のスレッドが何やってるかっていうのが全部わかるって便利ですね。実際の実行速度が遅かろうと速かろうと「実際に使っているときと同じ動作」さえしてくれれば、用は足りるんだよなあ…。
    • Unified memory forensic toolset for Virtual Machine
      • この話は、結構おもしろかったです。VM上のメモリをいかに壊さず、内容を変更せずに保存して調べられるかっていうところに目をつけてるってことでした。
    • ARPキャッシュポイゾニングの仕組みとその対策
      • 全然知らない領域の話だったけど、こういうことができるんだなっていうのとこの攻撃に対してはまだまだ脆弱性が残っているOSのほうが多いそうで。
    • google map で遊ぶ
      • spam送信元やmalware送信元のIPアドレスをgoogle map上にマッピングしていく話。
      • ヨーロッパ方面でこの辺の送信元が固まっているという前評判とは裏腹に東南アジアやアメリカの方が多かったという結果が興味深かったです。
    • データセンターほいほい
      • データセンターへの侵入者をどうやって検知して捕まえるかっていうネタ。こういうのはばかばかしくておもしろいw
      • すでに侵入されて物理的に破壊されたあと捕まえてどうするんだ的な質問がありましたけど、むしろそういう場合にもこうやって捕まえてやらないと逮捕できないと思います。壊されたサーバーやデータはバックアップの問題なんだから、データセンター側ではどうしようもないし。
    • まあね… 日本だから。
      • ここが変だよ、日本(/日本人)っていう話。この人、楽屋でもおかしなこと口走ってて、おもしろかったw
    • mR-pBxに訊け
      • なに話す気だろうと思ったら、相変わらずやばい話してた。

そんなわけで、1日中イベント行きでした。夜は夜で一緒に行った人たちと飲み会。

業種の違う人の苦労話は、ネタとして話してくれているからとはいえ、なんであんなにおもしろいんだろう…。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。