4.モンスターデータ

これはプレイヤーのデータと似たようなデータで処理しましょう。

名前 文字通り名前。8文字くらい?
レベル レベル。レベルによって装備できる武器や出てくる敵を変えよう
所持金 金がないとなにもできない世の中ということで
攻撃力 基本1。武器によって左右される
守備力 基本1。防具によって左右される
体力 文字通り体力。これがなくなると死ぬ。

なぜレベルがあるかと言えば、いま思いついた話を書けば、例えばマップ階層が複数あるならばその階層±2の範囲の敵しか出さないようにするとか、プレイヤーのレベル+2の範囲の敵が出るなんてことをするときに必要になるからです。

それから、攻撃力、守備力がどちらも1もしくは0の場合はレベルから算出したデータで置き換えるなんてことにも使えます。

体力なんかもそんな設定ができるようになれば、名前とレベルは変わらんけど妙に強いやつ、とか、妙に弱いとか変化がつけられます。(多分)

そんなわけで、テーブルはこんな感じでしょう。

DBMONSTERID BIGINT AUTO INCREMENT/PRIMARY KEY モンスターID
DBMONSTERNAME TEXT 名前
DBMONSTERLEVEL TINYINT レベル
DBMONSTERMONEY TINYINT 所持金
DBMONSTERATK TINYINT 攻撃力
DBMONSTERDEF TINYINT 守備力
DBMONSTERSTR TINYINT 体力
広告

About sato_c

小学生の頃にインベーダーゲームやPC-8001やApple][といったものを知ってしまい、それ以降ずーっとゲーム好き。でも、あんまりうまくはありません。 仕事は当初はゲーム関係のプログラムやサウンドをやっていましたが、WEB関係を通ったあと、遊技機関係のプログラムやサウンドをやっています。あまり節操がないのか。 現在はJavaですてきなコードを書けるように勉強中。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。