3.アイテムデータ

アイテム自体のデータは種別の違いはあれど、データ的には一緒でいいと思います。

名前 文字通り名前
種別 装備するもの、使うもの、イベントで使うもの。くらいでしょう
値段 売り買いするためには値段が必要ですね
レベル せっかくなのでレベルによって手に入るものなど制限つけますか
所持可能個数 何個まで同時にもてるか

あんまり浮かばないので、これくらいにしておきましょう。

DBITEMID BIGINT AUTO INCREMENT/PRIMARY KEY アイテムのID
DBITEMNAME TEXT 名前
DBITEMKIND TINYINT 種別
DBITEMLEVEL TINYINT 利用可能レベル
DBITEMLIMIT TINYINT もてる個数

という感じです。アイテム単体のデータですから、このくらいでしょうか。

じゃあ、これを実際に持ってるデータはどうしよう。

「持っている」状態にするにはそのプレイヤーとアイテムを関連すればいいので、持っているプレイヤーのIDとアイテムのIDを連結させます。

持っているアイテムが装備可能なものなら装備してるかどうかや複数持っていた場合は全部装備していることになるのは面倒なので、その辺りもちょっと考えないとダメでしょう。

プレイヤーのID このアイテムを持っている人
アイテムのID このアイテムのID
個数 何個あるか
装備 装備しているかどうか

こんな感じですかね。

DBPLAYERID BIGINT プレイヤーID
DBITEMID BIGINT アイテムID
DBITEMCOUNT TINYINT 個数
DBEQUIP TINYINT 装備しているかどうか

アイテムと所持アイテムはこんな感じにします。

広告

About sato_c

小学生の頃にインベーダーゲームやPC-8001やApple][といったものを知ってしまい、それ以降ずーっとゲーム好き。でも、あんまりうまくはありません。 仕事は当初はゲーム関係のプログラムやサウンドをやっていましたが、WEB関係を通ったあと、遊技機関係のプログラムやサウンドをやっています。あまり節操がないのか。 現在はJavaですてきなコードを書けるように勉強中。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。