その3 – appserver/webappフレームワーク

python環境で実行するのも飽きてきたので、SDKにあるデバッグ用サーバーを使って実験してみました。

コマンドプロンプトから

dev_appserver.py [オプション] <アプリケーションのルートフォルダ名>

と入力すれば、サーバーが起動します。

アプリケーションのルートフォルダには正しい書式の app.yaml / app.yml がないとダメ

デフォルトで起動した場合は

http://localhost:8080/

とブラウザからアクセスすれば見ることができます。

オプションの一覧

–help, -h ヘルプの表示 (デフォルトなし)
–debug, -d デバッグログを使う false
–clear_datastore, -c 起動時にデータストアに保存されているデータをクリア false
–address=ADDRESS, -a ADDRESS サーバーに割り当てるアドレスの指定 localhost
–port=PORT, -p PORT サーバーのポートを指定 8080
–datastore_path=PATH データストアのstub ファイルを保存するパスの指定 SDKのルートディレクトリ
–history_path=PATH データストアの履歴を保存するパスの指定 SDKのルートディレクトリ
–require_indexes index.yamlに定義されていないクエリを禁止する false
–smtp_host=HOSTNAME テストメールを送信するSMTPアドレス。登録されていない場合はSMTPでのメール送信はできない localhost
–smtp_port=PORT SMTPポート指定 25
–smtp_user=USER SMTP接続ユーザー名。この項目が空でない場合SMTP認証をします ”(文字なし)
–smtp_password=PASSWORD SMTP接続パスワード ”(文字なし)
–enable_sendmail SMTPの設定が設定されていなくてもメール送信をするか false
–show_mail_body メール本文をログに記録するか false
–auth_domain このアプリケーションの実行時、認証につかうドメイン gmail.com
–debug_imports モジュールインポートの際に検索したパスやエラーなどをデバッグログに出力するかどうか false

サーバーを使ってメッセージ表示を試しに動かしてみたら、ちゃんと動いたので、ここまではよし。

広告

About sato_c

小学生の頃にインベーダーゲームやPC-8001やApple][といったものを知ってしまい、それ以降ずーっとゲーム好き。でも、あんまりうまくはありません。 仕事は当初はゲーム関係のプログラムやサウンドをやっていましたが、WEB関係を通ったあと、遊技機関係のプログラムやサウンドをやっています。あまり節操がないのか。 現在はJavaですてきなコードを書けるように勉強中。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。